株式会社エキスパートソフトウェア

ページを読みこみ中・・・

 NGINX Plus and NGINX 
Nginx ConfigNginx plusWeb serverLDAP


  概要

  Nginx plus & Nginx

・ イメージしてみてください。ウェブアプリを作成しました。そして、今、そのアプリを保存(ホスト)するために適切なウェブサーバーを探しています。そのアプリはHTML、CSSとJavaScriptなど多くの静的ファイルが入っており、API用のバックエンドや多くのウェブサービスも含まれます。この場合、Nginxは探しているものかもしれません。理由はいくつかあります。

・ NGINX (engine-ex) は、シングルスレッドとイベント駆動によるアプローチを使用する強いウェブサーバーなので、正確に設定されればApacheサーバーより効果をもたらすのです。また、他の重要なこともできます。例えば、ロードバランシング、HTTP キャッシュ、またはリバースプロキシ(逆プロキシ)として使われることも可能です。

・ Nginxは2004年にIgor Sysoevによって、1万リクエストを連続的に処理しながらも処理性能、連続性とメモリ使用量(RAM)の小ささを保つできることを求めて開発されました。

・ W3techsによると、Nginxはウェブサーバーとして利用する人がどんどん増えてきている、近い将来Apacheに超えるそうです。(2019年5月5日の時点でNginxは42.1%、 Apacheは43.4%を占めております。)





  LDAP/Lightweight Directory Access Protocol

LDAP/Lightweight Directory Access Protocolは、X500をベースにして開発されました。これはOSIのディレクトリーサービスの標準です。





  NGINX Plusと NGINXを使用してLDAPでユーザーを認証する



  Nginx ldapモジュール構成。

Nginx.confファイルを開いて編集します。



LDAPサーバーを指定します。「ldap_server」ブロックをたくさん作ることで多くのサーバーを指定することが可能です



Nginx.confファイルに下記のコマンドで設定します。



auth_ldapを設定します。そうすることで、通知が表示されて、auth_ldap_serverは認証のサーバーになります



完了したら、Nghinxを再起動します。



ページにアクセスし再ログインします。






 Using NGINX Plus and NGINX to Authenticate Application Users with LDAP

 Example of LDAP authentication using ngx_http_auth_request_module


Facebookも情報発信中!
広告